3人育児中!MBAママよこぴーの家庭経営ブログ

長男6歳、次男3歳、三男0歳育児中のMBAホルダーであるワーキングマザー(夫婦共に育休中)が、家族との日々に経営視点を入れながら織りなす試行錯誤をつづっています。働くパパ・ママをはじめ、たくさんの人に役立つ情報をアップしていきます。

【子連れディズニーランド③】3歳・6歳と楽しむテクニック

こんにちは!よこぴーです!

ディズニーランドを楽しみ尽くすテクニック第3弾です。

 

▼第1弾:公式アプリの便利さ

www.yokop0914.com

 

▼第2弾:赤ちゃんでも楽しめるアトラクション

www.yokop0914.com

 

今回は、3歳、6歳を連れてディズニーランドを遊び尽くしてみて感じたテクニックをお伝えします!

f:id:yokop0914:20190912105929j:plain

家族情報:年齢・身長など【再掲】

  • パパ、ママ:大人
  • 長男:6歳、身長109cm
  • 次男:3歳、身長 99cm
  • 三男:0歳11ヶ月、腰は据わっているが、一人で座るのはまだ心もとない

アトラクション編

アトラクションのレベル(成長段階に応じて)【再掲】

 ディズニーランドのアトラクションはレベルが4つに分けられます。

  • レベル1:腰が据わっていない赤ちゃんと一緒でもOK
  • レベル2:1人で座席に座って、ある程度の振動にも耐えられる場合OK
  • レベル3:身長90cm以上あればOK(3~4歳が目安)
  • レベル4:身長102cm以上あればOK(5~6歳が目安)

 身長102cm以上あれば、すべてのアトラクションに乗ることができます。

レベル3:身長90cm以上で乗れるアトラクション

 次男がこのレベルです。
 身長制限があるアトラクションには、入り口に身長を測定するための木があり、無事にその高さをクリアすると、リストバンドがもらえます。
 身長90cm以上あれば、青いリストバンドをもらえました。これも結構嬉しかったようです。

スプラッシュマウンテン【ファストパス対象】

 80分待ちで入れました。時間帯によっては、100分待ちくらいにまでなっていました。土日はもっと混みます。

 待っている間に、あの滝から落ちるコースターを見て次男ビビりまくり。「帰りたい、帰りたい💦」となっていましたが、長男6歳がうまい事気を紛らせてくれたり、遊んだりしてくれてなんとか乗れました。

 ディズニーランドでは、一番並ぶアトラクションなので、早々にファストパスを取得した方がよかったです。

 最後の写真では、2人とも小さいながらめっちゃ頑張っていてかわいかったです。もしも行けそうなら90cmを超えた時に挑戦したいですね♬

ガジェットのゴーコースター

 スプラッシュマウンテンがちょっと厳しい~というお子様には、トゥーンタウンのこのコースターが良いと思います。

 私たちは乗りませんでしたが、このジェットコースターで楽しいイメージをつけてからスプラッシュマウンテンに挑戦!でもいいかも^^

レベル4:身長102cm以上で乗れるアトラクション

 長男がこのレベルです。102cm以上あれば、もうすべてのアトラクションが乗れることになります。長男は、マウンテン系に乗る気満々だったので、ファストパスをパパと長男で取得して別行動をしました。

 リストバンドは赤色でした。

スペースマウンテン【ファストパス対象】

 言わずと知れた、暗闇の中を駆け抜けるアトラクション♬
 「宇宙飛行士になりたい」という長男はノリノリで楽しめたようです。

 ファストパスですいすいと行けるのも良いかも!

ビッグサンダーマウンテン【ファストパス対象】

 山の合間を駆け抜けるアトラクション。スペースマウンテンと並んで、大人でも楽しめます。ファストパスを取得しましたが、19:30からだったので、暗闇の中を駆け抜ける事に。。。スプラッシュマウンテン、ビッグサンダーマウンテン等、外で楽しむアトラクションは早々にファストパスを取得して、明るいうちに楽しむ方がよかったです。

スターツアーズ【ファストパス対象】

 「宇宙旅行がしたい!」という長男のたっての希望で乗りました。

 ファストパス対象ではあるものの、常に待ち時間が5分とかなので、ファストパスを取得する必要はありません。空いている時にパッとは入ればよいと思います。

 3Dメガネをかけて、宇宙船に乗るのですが、私はあまりの画面と動きの激しさに気持ち悪くなりました・・。乗り物酔いする方にはあまりお勧めできないかも。。

Tips①:レストランは予約すべし

 ランド内で1日遊ぶ事を前提にすると、食事のタイミングを考える必要があります。アトラクションの合間に、近くにあるレストランで食べる事ももちろんいいと思いますが、せめてランチだけでもレストランで予約をしておくと、スケジューリングもしやすいし、子供たちも待ち時間が無いので安心です。

www.tokyodisneyresort.jp

 

Tips②:家族全員で同じTシャツを着て、ノリノリ⤴

 せっかく遊ぶなら、気分もアゲアゲで楽しみたいもの。家族でお揃いのディズニーTシャツを着る事で、楽しさ倍増!そして写真映りも最高!!更に迷子になった時に特徴を伝えやすくなるのでいいと思います♬

 私たちは、普段使いもしたいので、こちらのTシャツを選びました♡

castel.jp

 入ってすぐのグランドエンポーリアムというお店で購入できました!

 

まとめ

 3弾に分けて、お伝えしてきたディズニーランドを楽しみ尽くすテクニック。いかがでしたか??子供たちがまだ小さいうちは、乗れるアトラクションも限定されて、別行動をする必要も出てきます。

 アプリでファストパスや待ち時間なども考慮に入れて、できるだけ子供たちも親も疲れないで楽しめるよう、工夫したいですね^^